こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
世間は平昌オリンピック一色で盛り上がっていますね。歴代最も寒い冬季オリンピックらしく氷点下の気温で選手も観客も大変な苦労だと思います。日本選手団の活躍と頑張りを称えたいですね!
日本も昨日は春のような暖かさでしたが今日はまた一転寒い一日になりました。風邪やインフルエンザの方が増えています。きちんと予防・対策をして身体を守ってください。
本日は巻き爪ケア・ヨネクラ・稲毛店のスタッフTが靴選びについて書いています。

☆★ハイヒール選びの重要性★☆

お疲れ様です。皆さまの爪の状態はいかがでしょうか。サンダルからブーツに変わったうら若きマダム達、爪は痛くなっていませんか。ほっておくといつの間にか出来てしまうのが巻き爪です。

巻き爪ケア・ヨネクラのスタッフTも『せっかく女性として生を受けたのだからハイヒールを履いてオシャレをしたい…。』と履いては足を痛めています。

また、他の方ではむしろ仕事で履かざるを得ないという場合もあるでしょう。その様な女性は沢山いらっしゃいます。
では今一度女性の憧れ『ハイヒール』のきちんとした選び方をもう一度おさらいしてみましょう。爪の痛みは靴を改善するだけでもなくなることがありますよ。

★「ハイヒールは足のトラブルを招きやすい代表的な靴」という事をまず念頭に…★

痛みを我慢して履き続けると、親指が小指の方に曲がっていく「外反母趾(ぼし)」や、指がくの字に曲がって伸ばせなくなる「ハンマートゥ」、巻き爪が発生しやすくなります。更に若い頃はよくても、進行すると膝や腰に不調が表れたり、高齢になって転倒しやすくなったりする恐れがあり放置する事はお勧めできません。何よりも足が痛いと、仕事でも遊びでも十分に活動できなくなってしまいます。

★寸法をしっかりと測る事が巻き爪防止の第一歩★

ぴたりと合う1足を選ぶためには足裏の長さだけでなく、幅、甲の厚み、アーチ、左右差などを知ることが大切です。
靴選びのポイントは4つあります。
(1)つま先に圧迫感がない
(2)甲が靴に食い込んだり、浮いたりしない
(3)かかとが余っていない
(4)足を入れる履き口が足の形に沿っている――。
本当に自分の足に合う靴は「足の後方」のフィット感が違うと感じます。土踏まずからかかとにかけて、足の後方がぴたりと靴にくっついている。歩いてもカポカポとずれないために安定感があり、前のめりになりがちだった体重の負担が足全体に分散され、普段より随分楽に歩ける感覚があります。

★試着は必ず行い、遠慮しないでとことこ歩いてみて★

試着するときには、遠慮せずに「店内を歩けるだけ歩く」ことを心掛けてください。靴を買うときには時間にたっぷりゆとりを持って出かけ「店の端から端まで歩くことがおすすめ」です。また、買う時間帯も意外に重要で朝より夕方の方が自分に合う靴を見つけやすいです。※夕方は足がむくむため朝に購入した靴がきつく感じたりすることがあるためです。

★どうしても履きたいデザイン…。諦めなくてもチャンスはあります。修理専門店で なじんだ状態に★

靴箱をのぞくと、新品同様で眠っているものが何足もある。何とか履けるようにならないかと悩むこともあるかと思います。その場合は是非修理専門店に相談してみるのも一つの手です。修理専門店では足の形や、履いた状態を見、靴を足の形に近い状態に調整してくれます。中には専用の機械で甲の部分を広げたり、ブカブカの靴の底には足の凹凸に合わせた中敷きを入れてくれることもあります。どちらも2千円前後の場合が多いです。
靴は履き続けて半年ほどで自分の足の形になじんできます。素材別でも牛皮やスエードはなじみやすく、逆にエナメルや布地は伸びにくく足が痛くなりやすいです。違和感のある靴も、あきらめないで修理専門店に相談すれば履き心地が改善することもあります。我慢せずに、足元のおしゃれを楽しんでください。

★★それでも、爪に痛みが出た場合こちら千葉県千葉市稲毛区小中台の巻き爪ケア・ヨネクラ稲毛店・千葉県ふな船橋店にご相談下さい。カウンセリングは無料で行っております。親指の巻き爪だけではなく変形してしまった小指や厚くなってしまった爪の処置も同時に行っております。★★

 

巻き爪ケア ヨネクラ 稲毛店

https://funabashi.makidumecare.com/inage/

 

巻き爪ケア ヨネクラ 船橋店

https://funabashi.makidumecare.com/funabashi/

 

お気軽にご相談下さい。